2017年09月13日

食欲不振

自覚症状 みぞおちのあたりが重苦しく不快になり、膨満感や胸焼け、吐き気などの症状がでる。その後病状が悪化すると腹痛や吐血、便と一緒に出血する下血もある。また、口臭が出たり、舌が白くなることもある。 治療 暴飲暴食が原因の場合、治療は絶食や安静が中心になる。1日ぐらい絶食すると胃の働きが整ってくるので、その後は柔らかい食べ物(おかゆなど)を徐々に食べだす。薬物療法よりもこういった食事療法が中心 胃液を分泌する胃腺や胃粘膜が萎縮した病態で、萎縮性胃炎と呼ばれることもある。原因の1つとして加齢や老化がある。また、胃の中に生息する細菌、ピロリ菌(へリコバクター・ピロリ)が作り出す物質が胃粘膜に悪影響を及ぼしていることが原因とも考えられている。 上記以外にも急性胃炎の原因となるものは慢性胃炎の原因にもあてはまる。 自覚症状 胃酸の分泌量によって異なるが、みぞおちのあたりが重苦しい、痛い、膨らんでいるような感じがする、胸焼けや胃のもたれなどの症状が見られる。また、体がだるくなったり食欲不振により体重が減少したりすることもある。 治療 症状が比較的軽いようなら柔らかい食べ物を食べたり、アルコール類を減らすなどの食事療法や、睡眠を十分にとるなどの生活習慣の改善が中心となる。母の滴臍帯100プラセンタサプリ通販を購入しました 比較的症状が重いようであれば、消化機能も低下しているため消化酵素や胃の運動機能改善薬などを用いた薬物療法になる。 胃の中には大量の食べ物が入ってくるため、それらに含まれた化学物質や発がん性物質が直接胃壁や遺伝子を障害し、悪性腫瘍(がん)が発生すると考えられている。 自覚症状 上腹部やみぞおち辺りの痛みが胃がんの症状として比較的多くみられる。また、腫瘍が潰瘍のようになっている場合は胃潰瘍と同じように特に空腹時になると痛みが出やすく、吐血や便と一緒に出血する下血もおこる。その他食欲不振や吐き気、疲労感、便秘、下痢といった症状もある。 治療 胃がんの治療は発見された時期が早期であったとしても手術による切除が行われるのが基本。手術はがんが発見されたのが早期であれば内視鏡を使用しレーザーで焼き切る方法なども行われる。 腸の構造組織にはまったく異常が無いにも関わらず、腸のぜんどう運動に異常が生じる症候群。主な原因は精神的ストレスや不安感、緊張などで、腸管を支配する自律神経のバランスが乱れることによりおこる。 自覚症状 腹痛を伴い下痢、便秘、下痢と便秘が交互におこるといった症状がでる。これらの場合は便を出せば腹痛はなくなる場合がほとんど。またその他に頭痛や肩こり、不眠などの自律神経失調症の症状を伴うことも多い。 治療 日常の精神的なストレス(不安感や緊張など)を取り除くのが一番だが、それが難しい場合は医療機関の心療内科での治療が適している場合が多い。また、全般的に生活習慣を改善することも必要。 潰瘍性大腸炎に似ているが、潰瘍がさらに深く、大腸だけでなく食道・胃・小腸など消化器官全体にみられ、潰瘍性大腸炎よりも治りにくい。潰瘍性大腸炎と同じく明確な原因は不明だが機能異常を中心にした免疫系の障害が原因ではないかと考えられている。若年者に多い。 腹痛や胃炎など胃腸に関する病気は私たちにとってかなり身近で、多くの人々が悩まされている病気の一つです。 胃腸病にかかる原因は、ストレスや食生活、不規則な生活など様々な原因により引きおこされます。 このサイトではこの多くの方が悩まされている胃腸病について症状や原因などについて解説しています。当サイトが胃腸病予防にお役立ていただければと思います。 自覚症状 腹痛を伴う下痢、血の混じった下痢便のほか、発熱・栄養障害・貧血などの全身的な症状がみられる場合もある。潰瘍が大きくなると外部からもしこりが分かるようになる。また、クローン病が原因で肝臓や関節に障害がでることもある。 治療 潰瘍性大腸炎とほぼ同じ治療法がとられる。原因不明の病気のため、明確な治療法はないが安静、絶食または消化の良い食事など食事や生活習慣の改善が基本になる。また過労や精神的なストレスも避けるようにする。早期の適切な治療では比較的治りやすいが、重症になると入院が必要になり薬物療法をし、それでも治らない場合は病変部を切除する手術も必要になる。また、再発を繰り返しやすい病気でもあるため注意が必要。
ラベル:食欲
posted by f at 07:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする