2017年09月13日

妊娠線クリームがほしい

美食していそうな色白のぽっちゃりタイプと肉体を使う筋肉質タイプです。水を飲んでも太ると言うタイプがこれです。  解毒体質と異なり、成人するまで、病気になる事は少なく健康ですが、壮年期以降は、動脈硬化が起こり、脳血管障害、心臓病、糖尿病などにかかりやすく、喘息などになりやすく、結核体質ではなくいわゆる現代病・成人病になり、死亡にいたることも多いタイプです。  一貫堂で言う「臓毒」とは臓器の毒で、いわゆる新陳代謝障害など、その他後天的な毒素が身体の各臓器に蓄積した物をいいます。「臓毒」には風毒、食毒、水毒、血毒があります。  臓毒証体質の人とは先天的には身体が丈夫ですが、日頃よりの不摂生・暴飲暴食・いろいろな病気等のためにできた「臓毒」が蓄積され、その結果として病気になる人です。 臓毒証体質のかかりやすい病気は? 1.生活習慣病 (美食・運動不足・不摂生によって起きる病気の治療、予防に使用する。) 高血圧症、動脈硬化症、糖尿病、痛風、肥満症、高脂血症、等 2.皮膚病 (皮膚病で「臓毒」が原因と考えられるもの。) 湿疹、蕁麻疹、乾癬、アトピー性皮膚炎、ニキビ、化膿症、頭部湿疹、脱毛症、難治性皮膚病、等 各種慢性病 肝胆疾患、腎臓疾患、胃腸病、神経痛、神経症、蓄膿症、等お血証体質  思春期以降の女性は多かれ少なかれこのタイプに属します。典型的なタイプは赤ら顔、肥満していることが多く、爪、舌や舌の裏の血管が暗赤色で怒張している、頭痛、めまい、耳鳴り、のぼせ、肩こり、動悸、便秘等の症状が出やすい。バセドウ病、肝臓障害、神経症、うつ病、胃潰瘍、脳血管障害、不妊、流産、子宮内膜症などの病気がでます。  「お血」とは「オケツ」と読み、漢方医学の特有な概念で、体内・毛細血管内に滞留している血液です。  「お血」とは血液としての機能を失っているだけではなく、人体にとって有害で、いろいろな障害をあたえる毒素で、できるだけ早く体外に排泄すべきものです。  別名は悪血、古血、血毒、死血とも言い、強い毒素です。  「お血」はいろいろな原因で生成されますが、特に女性は月経・お産で必ず生じます。  一貫堂では特に女性の「お血」を重要視し、月経が来た女性は多いか少ないかだけの問題で、必ず「お血」があると考えます。 ◎お血体質のかかりやすい病気は 1.女性の病気(ほとんどが「お血」と関係している。) 生理の異常(生理不順、生理通、生理過多、生理前期症候群、等) 不妊症、産後の諸症状、不正出血、おりもの、慢性膀胱炎、 子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、女性生殖器疾患、 更年期障害、精神不安、神経症、のぼせ、頭痛、肩凝り、動悸、 肌荒れ、ニキビ、シミ、主婦湿疹、シモヤケ、アカギレ 各種慢性病(慢性病はほとんど「お血」が発生している。) 脳溢血、脳血栓、麻痺、高血圧、動脈硬化、心臓病、肝臓病、 痔疾、前立腺肥大、神経性疾患、神経痛、関節痛、腰痛、リウマチ、 難治性疾患(膠原病、潰瘍性大腸炎、癌、等)外因性の「お血」 打撲傷、捻挫、骨折、外傷、手術後、交通事故、等の内出血、 腫脹、苦痛症状を改善する。 3. 解毒証体質  顔色が浅黒い、体格は痩せ型、首が細く、胸が狭い、お腹を触ると非常にくすぐったがる。すぐに風邪をひく、扁桃腺がよく腫れる、中耳炎になりやすい、神経質で虚弱児が多い。青年は、皮膚はさらに濃くなり、憂うつな印象を受ける。結核、蓄膿、ノイローゼ気味である。年を経ると、はげやすく、膀胱炎、膣炎、性病の感染もしやすい。 解毒証体質とは生まれつき肝臓の解毒作用が弱くいろいろな毒素を解毒排泄できないために、幼少時より発病しやすい体質です。(戦前は結核など感染症になりやすかった。現在はアレルギー体質の人に多い。)  オレの妻がノコア(NOCOR )妊娠線クリーム通販で購入しました先天的には丈夫な臓毒証体質とは対照的な体質で、虚弱で発病しやすい。 解毒証体質がかかりやすい病気は.アレルギー疾患 1.皮膚病 アトピー性皮膚炎、慢性蕁麻疹、ニキビ、慢性化膿症、陰部湿疹、各種皮膚病 2.炎症性疾患 慢性風邪症、扁桃腺炎、咽喉炎、リンパ腺炎、中耳炎、鼻炎、蓄膿、気管支喘息、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、男女の生殖器の炎症、肛門周囲炎、痔疾等 2.神経質でいらいらしやすい人  神経症、自律神経失調症、更年期障害、不眠症、高血圧症、等 3.その他  肝胆疾患、腎臓疾患、眼科疾患、等
posted by f at 07:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする